CITRON.

のん気で内気で移り気で。

平熱図鑑

たまに撮った写真をたまに掲載。

通り抜けられないあいつ。

少し早出して仕事をはじめて、ほんの少し残業をして終える。通勤電車を途中で降りて、ガチャガチャを一回。かわいらしいのを一つ、と思ってコインを投入したのだが、出てきたものは、なんというか、 「あ、朝起きたら、顔がこんな風に」 ……ととまどっている…

手のひらの三大怪獣。

アゾルガ、ルミガン、アイファガンというのが、今使っている目薬の名前である。どういうわけか、どれも怪獣のような名前だ。 病院で処方される薬の名前って、もう少し親しみやすいというか、効能がわかりやすい名前にするわけにはいかないのだろうか。 「名…

誰にも言えない忠誠心。

こういうのを「パワー・ワード」というのだろうか。 ここ数週間で触れたいくつかの言葉の中で、もっとも自分にしっくりくるのがこれだ。 僕は思春期のころから(無意識のうちに)これについて忠誠を誓っているのだが、いつからか、 「バカバカしさにかけては…

ハピネスさんは。

一応、探してみたんだけど、ハピネスさんを見つけることはできなさそうだ。 ……暑い。 内臓が煮えているのではないかというくらい体が熱い。面白いくらい汗が出てくる。 汗とともに体重が減っていく実感がある。これはもう、確実にやせたと思う。 帰宅してビ…

夏の難易度。

某人気女性アイドル・グループのコンサートのチケット抽選に当選した。ちなみに8月開催だ。 購入するための抽選なので、代金はこれから引き落とされる。 このグループについては、娘がファンクラブに入っていて、日常的に熱心なファン活動を行っているわけ…

略してA.B.C.

まだ5月、そして、まだ午前中なのに暑い。 歩いているだけで汗がたらたらと流れてくる。 繁華街の真ん中に、箱庭のような公園がある。 公園といっても、大半は芝生になっていて、遊具の類はあまりない。ボール遊びをする親子がいたり、寝転がって本を読む人…

青空と奇跡のビール。

ヘッドフォンをして外出すると、頭頂部とか耳周辺とか、つまりはヘッドフォンの部品があたる部分にしんわりと汗をかく。これが「じんわり」とか「じっとり」とか「びっちゃり」になるとなかなか大変で、 い、いつのまにオレはガマン大会に出場してしまったの…

メガネ! メガネ!! メガネ!!!

メガネを常用し、コーヒーを常飲する者として、ちょっと聞き捨てならない名前のお店が、僕の住む町から近からず遠からず、といった距離感のところにある。 その名を、メガネコーヒーという。一応書いておくと、コーヒー屋だ。以前、ネットの海のどこかで偶然…

六義園再襲撃。

雨の中、六義園を再襲撃した。もちろん本当に襲撃したわけではなく(あたりまえだ)、再訪しただけのことである。再襲撃というのは『パン屋再襲撃』という小説のタイトルを安直に拝借しただけだ。 六義園は、東京都文京区にある都立庭園で、もともとは徳川綱…

北東京ストレイ・キャッツ。

季節柄、ネット・サーフィン(これってもはや死語なんですかね)しているとそこかしこで桜の写真を見ることになる。関東では、今週末あたりがお花見のピークということらしい。 天気もイマイチだったので、今日はウチでおとなしくしていようと思いつつパソコ…

しだれ桜でゴーゴーゴー。

どちらかというと、あまりテンションの上がらない、ご機嫌ややナナメ気味の一日であった。 二日酔いだし、楽しみでもなんでもない電話を一日待っていなければならなかったし、そしてその電話は結局かかってはこなかったし、その他諸々、なんとも踏んだり蹴っ…

ある中年サラリーマンは通勤時にだいたいこんなことを考えている。

手元にある清涼飲料水の缶に、「軽く振ってお飲みください。強く振ると中身が飛び出すことがあります」というような注意書きがしてあるのを見て、意外と微妙なコントロールが求められているんだな、と思い知った次第である。 今まで缶飲料から中身が飛び出し…

ミドクロは心配性。

今週はずっと体調が悪い。寒気がする。腰が痛い。つまりは風邪気味のようだ。 いったい何がきっかけで……などと考えるまでもなく、先週金曜の夜(というか明けて土曜の深夜)がいけなかったのだ。 先週の金曜、以前同じ現場で働いていた人たちとの飲み会があ…

ゴー、ゲームボーイズ!

もうけっこう長いこと、それこそ数年単位で行方がわからなくなっていたゲームボーイが、ついに発見された。この手の探し物ではよくあることかもしれないが、「おや、そこはとっくに探したハズ……」というところから、しれっと発見されたのだ。 発見されたのは…

熊とワイシャツと中年男性。

池袋にいる娘から、出てこれないかと連絡がある。 時間もまだはやいし、他に急いでやるべきこともなかったので、ノコノコと池袋へ向かう。そういえば、なぜ僕を呼びつけたのか、その理由を聞いていないことに電車の中で気づく。まあ、あの娘のことだから、た…

冒険と冒険の間。

『ダンジョン飯』(九井諒子)というマンガの最新巻(四巻)を読む。 あまりにも面白かったので、読み終わった直後、もう一度読む。 この作品そのものが面白いのはもちろんなのだが、それ以上に、僕とこの作品の相性がとてもいいようなのだ。 ダンジョンを探…

雨が降ったら。

「クリスマスのプレゼントをあげたい気持ちはあるが、お金がない」 と、娘に言われたのが数週間前。 「それならば、無理しなくてもいいよ」 と、寛大な気持ちで言った僕に、娘はあきれたようにこう答えたのであった。 「クリスマスって、そういうものじゃな…

世界は三段階。

先月末、常用するメガネをまた増やしてしまった。これで三つ目になる(ちなみにすべて度数は違う)。 自分の病気の事情でそうしているので誰に文句がいえるわけでもないのだが、それ以来、後頭部の頭痛と車酔いに似た不快感に悩まされている。新しいメガネを…