CITRON.

のん気で内気で移り気で。

驚異の座るだけダイエット。

夏休みが終わって一週間と少し。
「なんとなくそんな気がする」とぼんやり思っていたことが確信に変わった。

会社に来るとやせる。

これがいいことなのか悪いことなのか即座に判断はできないが、本当のことである。毎日ほぼほぼ座っているだけなのに、とても不思議な現象だ。
この仕組みが解明できれば、ダイエット界に革命をもたらすことができるかもしれない。

可能性という名の幻について。

ここ数週間ほど、毎日少しづつちびちびと楽しんでいる物語で、登場人物が記憶喪失になった。
それはそれで心配な事件ではあるのだが、ふと考えてみると、小説や映画の中でちょいちょい……とはいわないまでも、わりとよく登場し、そのわりには身近なところで見たことがないのがこの「記憶喪失」というやつではないだろうか。
個人的には記憶喪失というものになったことはないし、幼なじみがおびえたような様子で僕のことを見て「あんた……オレのことを知ってるのか? オレ……自分の名前以外、何も思い出せないんだっ!」というようなことを言われたこともない。もちろん、この場合の記憶喪失には「昨日は飲みすぎて記憶がない」という類いのものは含まれない。
絶対に記憶が戻ってくるという条件でなら、記憶がない状態というものを体験してみたいような気がする。どの程度の記憶がなくなっているかにもよるのだろうが、やはり不安なものなのだろうか。
体験後、いざ記憶を戻すときに、都合の悪い部分は削除して戻せるともっといい。

記憶喪失と同じくらい、知っているわりには現実味のない言葉をもうひとつ挙げるとするならば、それは「色仕掛け」だ。
こちらは、ついさっき読んでいた本に書いてあって、「そういえば色仕掛けってされたことないな」と思った次第である。わざわざ書かなくてもいいことかもしれないが、色仕掛けを仕掛けたこともない。
色仕掛けというと、やはり「そこまでしてでも手に入れたい何か」のために行うような印象が強い。僕がそこまで価値のあるものを持っていたり知っていたりするかというとそういうこともなさそうなので、おそらく今後も色仕掛けとは縁がない人生を送ることだろう(なんとなく残念な気持ちになるのはなぜだろう)。

ところで、僕はズボラというのか注意力散漫というのか、人の容姿や仕草についてしっかりと見ていないらしい。いわゆる、前髪をほんのちょっぴり切ったことに気付かなかったばっかりに「お前、目玉ついてんのか」くらいのことを言われ正座で説教されるタイプだ(あくまでたとえ話です)。「人見知り」とか「コミュ障」というような言葉に妙な連帯感を覚えるような人間なので、まあ、ある程度はしょうがないと本人的にはあきらめている部分ではあるのだが、今、いいたいのはそこではなく、
「実は過去に色仕掛けを実行されたことがあるのだが、気がつかなかった」
という可能性があるかもしれない、ということだ。
世の中には絶対ということはなかなかなく、この仮説だって可能性がゼロとはいえないはずだ。そのはずなのだが、どういうわけかここまで書き切った僕はばかばかしい気持ちでいっぱいだ。自分で書いておいてナンだが、なにが「可能性はゼロとはいえない」だ。

自分のブログだからといって、何を書いてもいいというものではないのである。

才能。

たとえば、朝の通勤電車で、座席に座っていたとする。横長の、いわゆるロング・シートというやつだ。この時の、ひとりが座るために必要となる標準的な幅を1.0としよう。
僕の右隣には、幅を1.3ほど確保して座っているおじさんがいる。だからといって身体が特別大きいわけではなく、両足を大きく開いて新聞を読むのがおじさんにとっての使命かなにからしい。

僕の左隣は空いているのだが、幅がかなり狭いためにそこに座ろうとする人はいない。目測でいうと幅0.7というところだ。右のおじさんが大きく影響しているのはまあ間違いないだろう。
街中を歩いていてたまに空き地を見つけたりすると「おや、大都会東京にもこんな場所が残っていたとは」などとつぶやきつつ、ジャイアンスネ夫と草野球をしていた頃を思い出したりしてちょっと気分が和んだりもするが、この空きスペースはただただもったいない。

そんなようなことをぼんやりと考えていたところ、とある駅でおじさんが降りていった。
これを機会に土地の有効活用を試みるべく、僕は右に少しずれて、僕の左右の空きスペース幅をそれぞれ1.0になるように調整した。

おじさんと入れ替わりに乗り込んできたのは、Tシャツ短パンの若い男の人と、大きめのショルダーバッグを下げたおじいさんだ。
ふたりは僕の両脇に座り、ほとんど同時に大きく足を広げた。若い男の人は開いた足の間にかがみ込むようにしてスマートフォンをいじりはじめる。おじいさんはなにかさがしものをしているようで、ショルダーバッグの中に手を突っ込んで、ずっとごそごそ中を探っている。おじいさんのヒジが僕の二の腕あたりをぐりぐりと刺激して、なんともこそばゆい。
それにしても、ふたりとも見事な足の広げっぷりだ。もしかしたら、この開脚ポーズが、なにかの占いコーナーとかで「今日のラッキー・ポーズ」になっているのかもしれない。なんというか、それくらい迷いがない角度での開脚である。
その勢いで、僕の確保していた幅は、およそ0.8くらいになってしまった。

僕には、そういう才能がある。