読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CITRON.

のん気で内気で移り気で。

しだれ桜でゴーゴーゴー。

どちらかというと、あまりテンションの上がらない、ご機嫌ややナナメ気味の一日であった。
二日酔いだし、楽しみでもなんでもない電話を一日待っていなければならなかったし、そしてその電話は結局かかってはこなかったし、その他諸々、なんとも踏んだり蹴ったりなことばかりなのであった。
その電話なんて、昨日から通算二日待ち続けているのである。
これはさすがに、文句を言ってもいいのではないだろうか。
ガツンと、厳しい態度で、なんならおっかない感じで抗議をしてもいいのではなかろうか。
手紙の宛先に「東京都在住の紳士様へ」とだけ書いて投函すれば、郵便屋さんが「東京で紳士といえばあの人しかいない」と僕のもとに届けてくれる、という都市伝説を保持している身としては「ガツンと、厳しく、おっかなく」というのはけっこうハードルが高いのだが、この際しかたがない。「気弱で引っ込み思案だからハードルが高い」わけではない。「気弱で引っ込み事案だからハードルが高い」わけではないのである。
なぜ同じことを二回書いたかというと、自己暗示のためだ。
明日、いよいよ電話があったなら、「ガツンと、厳しく、おっかなく」応対しよう。それが無理なら、せめておっかない顔だけでもしていよう。明日、会社の休憩室に、鬼のような形相なのにおどおどと気弱そうに電話をするスーツ姿の男があらわれるかもしれないが、それは決して「人間に化けるのを微妙に失敗した異星人」とかそういうものではない。
それは僕だ(←わざわざ改行して書くほどのことか)。

ところで。
二日酔いの原因は、昨日ビールをたくさん飲んでしまったのである。
仕事のあと、おっさんばかり四人で六義園にしだれ桜を見物しに行って、その後、飲みに行ったのだ。六義園というのはもともとは江戸時代の偉い人の庭園で、現在は東京都が管理している。で、毎年この時期に、しだれ桜をライトアップして公開するのが名物になっているのだ。
しだれ桜は大きく、立派で、見応えのあるものであった。
ただ、その周辺は大変な混雑ぶりで、「桜は見てもいい。しかし立ち止まるな」というルールが施行されていたのが残念ではあった。庭園を管理する側の事情も推測できなくはないが、それは「閑静な庭園で夜桜を愛でる」から一番遠い鑑賞スタイルである。
仕方ないので、こちらとしては一休さんばりのトンチを駆使して「その場足踏みで数ミリづつ移動」することで「立ち止まってはいない」というスタンスはキープしつつ、なるべく長時間の滞在を試みてみた。まさか、ここで牛歩戦術が役に立つとは思わなかった。

今回のタイトル『しだれ桜でゴーゴーゴー』は、この時、一緒に鑑賞していたメンバーの誰かが発したものである(強調するつもりはないが僕ではない)。ずいぶんと振り切ったセンテンスだが、夜なのにキレイに光るものには人の心を平静ではない状態にする効果があるのかもしれない。たとえば、ライトアップした桜とか、夜中のたき火とか、ぴかぴかと光る月だとか。

そういえば、「月がキレイですね」というのは文字通りの意味を超えた魔法の呪文であるらしい。
やはり、夜なのにキレイに光るものにはご用心だ。
ついうっかり「ゴーゴーゴー」などと口走ってしまったり、ついうっかり呪文にかかって恋に落ちてしまったりするかもしれない。

大昔、大好きだった歌の歌詞に「ムーンライトを吸いすぎたから、僕らは少し気が変になって、口をきくこともできなくなっちまった!」というような内容のものがあったことをふと思い出した。あれはなんという歌だったっけなあ。
セーラームーンとかじゃなかったはずなんだけど。


補足。
牛歩戦術は写真撮影には不向き。

ある中年サラリーマンは通勤時にだいたいこんなことを考えている。

手元にある清涼飲料水の缶に、「軽く振ってお飲みください。強く振ると中身が飛び出すことがあります」というような注意書きがしてあるのを見て、意外と微妙なコントロールが求められているんだな、と思い知った次第である。

今まで缶飲料から中身が飛び出してきてあたりをびちゃびちゃにしてしまったという経験はないが、軽く振らなくては、と意識しながら缶を振ったこともないような気がする。
ひょっとすると、今までは運がよかっただけなのかもしれない。
幸運に感謝しつつ、今後は気を付けようとは思ったものの、神さまから与えられた運をここで少しづつ消費していたのかもしれないと思うと「神さまったらなんて余計なことをしてくれたんだ」という気持ちにもなる。
飛び出してきた飲み物でびちゃびちゃになることを数回ガマンすることで使わずにすんだ運で、宝くじが一回当たるのであればそちらを選びたいではないか。宝くじがダメならこの際ガチャガチャでもいい。というのも、カリタのコーヒー器具のミニチュアが当たるガチャガチャで、ここ二回ほど負けているのである。ここでいう負けとは、同じミニチュアがダブることだ。「マグカップとコーヒーポットのセット」のミニチュアはとても可愛らしく、思わず写真に撮ってインスタグラムにアップしてしまったくらい気に入ってはいるのだが、2セットはいらないのだ。
このガチャガチャを置いている店は小洒落た雑貨屋で、開封したカプセルの回収カゴ(もしくは箱)もなければ両替機もない。ガチャ・ハンター(今、考えました)にとってはわりと場違い感が強いところといえる。その上、そもそもそういうお店ではないので、ガチャガチャだけやって帰るということに少しばかり勇気が必要になる。
お洒落な雑貨を買うついでに、「へえ、こんなガチャガチャもあるんだ。ガチャガチャなんて子供の頃以来やってないけど、ま、これも何かの縁ということで」などとひとり芝居を演じつつ硬貨を投入するのも本末転倒だし、本当にそんなことをしたらお金がかかってしょうがない。できれば短期決戦でなんとかしたいところだ。

コーヒーといえば。
最近、気付いたのだが、うちの犬はコーヒーのにおいをかぐとかなり高い確率でクシャミをするようだ。
ここはぜひ、豆の種類や価格、コーヒーメーカーを使うか自分でハンド・ドリップするかという製法の違いでパターン分けして、クシャミとの関連を調べてみたいところだ。
起こりうる可能性を網羅して、それについてひとつづつ確認してみたくなるというのはまさに職業病といえる。
とはいえ、その病が仕事中にほとんど発症しないというのが我ながら不思議なところではある。

人間の心と体には、解明されていない謎がまだまだ残されているようだ。

コーヒー器具のガチャガチャなんて、いったい誰がやるんだろう。ニッチにもほどがあるぞ。……などとつぶやきつつ300円を投入。今回の戦利品。#ガチャガチャ 僕より少し若い世代的には #ガチャポン 今風にいうと #カプセルトイ #カリタ の #コーヒー 器具 #nikoand

ミド戦記その2:そんな装備で大丈夫か?

さて。
久々に冒険者としての活動をはじめることになったわけだが、だからといって「ではさっそく」とばかりにいきなりダンジョンに直行したりはしないのである。なんといっても僕は大人なのだ。あの頃の、ヤンチャで無鉄砲な少年時代の僕とは違うのだ(まあ、ヤンチャで無鉄砲なのはゲームの中だけだったのだが)。

まずは、冒険に必要な装備について検討しなくてはならない。
装備といっても、冒険者が持つ剣や防具のことではない。真っ先にそれを思いついてしまうようでは、まだまだ青二才といっていい。
今、検討しようとしている装備。それは、冒険者になる前の僕自身のための装備のことだ。冒険者が、モンスターの属性に応じて剣を選ぶように、冒険者になる準備として、僕が真っ先に選ばなくてはならないものがある。ここでの装備の選択を誤ると、後々、冒険の進捗におおいに響くことになるだろう。

まず、僕が選ぶべき装備。
それはメガネだ。
遠距離、近距離、至近距離と、見たいものの距離にあわせてチューニングしてある3本と、累進レンズを搭載した1本(いわゆる遠近両用というやつだ)、合計4種類のレンズを縦横無尽に使い分けているメガネ・エキスパートとしては、ここでの検討を怠るわけにはいかない。
なぜなら、あの頃のヤンチャで無鉄砲な僕とは違い、今の僕は、小さい画面がよく見えないのである。
些末な事象にとらわれず、常に大局に目を向ける。これが大人のふるまいというものなのだ……とかなんとかごまかしてもいいのだが、要は老化現象だ。だいたい、ゲームボーイの画面はどうしてこんなに小さいのだ(面積でいえば、今使っているスマート・フォンの画面の3分の1くらいしかないのではないか)。
その上、解像度も荒いので、ゲーム画面に表示されているキャラクターたちが、時々、「ごちゃごちゃ動く何か」にしか見えないこともある。キャラクターの見分けがつかないというのはかなりの大問題で、自分と人間型のモンスターを見間違えていて、方向キーをいくら押してもウンともスンとも動かないと思ったら、実は画面の端にいた自分が水だか毒だか溶岩だか、とにかく液体のように流れるなにかにはまって死んでいたりするのだ。視認性を高める努力は怠らないほうがいい。

そういう意味では、現在、手元にあるふたつのゲームボーイゲームボーイ・カラーと、ゲームボーイ・ポケット)のどちらをメイン・マシンにするか、という検討も必要だ。画面のサイズだけでいえば、ポケットのほうが大きいのだが、経年劣化のせいなのかイマイチ液晶の色が薄く、うすぼんやりとした印象を受ける。対してカラーのほうの画面はくっきりと見えるのだが、そもそもの画面サイズが小さい。

熟考の結果、メガネは日常使いしている累進レンズのもの、ゲームボーイはカラーを選んだ。メガネについては、本来なら至近距離用のほうがよく見えるのだが、冒険の期間が限られていることを考慮すると、空いている時間にどこででも冒険ができるような体制にしたほうがいい。冒険用に至近距離用メガネを常に持ち歩くよりも、視認性がやや劣るメガネでの冒険に慣れることを選んだのだ。余分なメガネひとつを持ち歩く手間のあるなしが、今後の冒険にどれだけ影響するのか。なかなか興味深いところだ。
ゲームボーイ・カラーを選んだのは、なによりもキャラクターの見分けのつきやすさを優先した。メガネの選択にしろ画面サイズの選択にしろ、身体へかかる負担をある程度想定した選択になった。もはや少年の頃とはひと味もふた味も違う我が心身がどれだけついていけるかわからないが、これくらいの覚悟を決めて冒険をするのが大人の冒険者というものなのだ。

なんといっても、説明書もない30年近く前のゲームをクリアしようというのである。失敗したところで命に別状はないが、それなりの覚悟をもって挑まないときっと歯が立たないだろう。
ここまできたらいっそ作業着に着替え、額に冷えピタを貼り、「ミド課長」とでも名乗りたい気分だ(ちなみに、『ゲームセンターCX』は劇場版しか観たことがないので「課長」のイメージが正しく把握できているのかちょっと自信がない)。

しかし、何がすごいって、ここまでの段階でかなり頭をひねり、それなりに充実した作業を行ったような気になっているにも関わらず、まだ冒険ははじまってもいないのだ。

冒険の期日は5月末日。こんなペースで間に合うのだろうか。
ここだけの話、今のところ勝算はない。