CITRON.

のん気で内気で移り気で。

夏の難易度。

この記事をシェアする

某人気女性アイドル・グループのコンサートのチケット抽選に当選した。ちなみに8月開催だ。
購入するための抽選なので、代金はこれから引き落とされる。
このグループについては、娘がファンクラブに入っていて、日常的に熱心なファン活動を行っているわけではないが、時々コンサートは観に行っているのだ。

娘が気になるコンサートがあった場合、僕が代わりに抽選申し込みをして、代金を払い、当日、現地まで引率する。
それを「GIVE & GIVE」側の行動だとすれば、抽選申し込みをしてもらい、代金を出してもらい、当日、現地まで連れて行ってもらう娘の行動は「TAKE & TAKE」側といっていい。我々ふたりの行動をあわせれば「GIVE & TAKE」だ。非常に美しい関係といっていい。

まあ、僕としても娘と一緒に主演映画や舞台を観に行き、ウォークマンにお気に入りのプレイリストを作る程度には関心があるので、わりと楽しみなのは間違いない。

問題は日程で、その次の日は別のコンサートを観に行くのである。こちらは数か月前に購入手続きが終わっており、今週末、チケットが発券される。こちらは、「夏の屋外で長時間にわたって行われる」という類のもので、この週末は体力的に大変なことになりそうだ。
個人的にはこちらのコンサートのほうが楽しみなので、前日のコンサートではあまり体力を消耗しないようにしたいところだが、ああいうコンサートの空気感から推測して、それはなかなか難しいだろう。「みんなと一緒に飛んだり跳ねたりペンライトを振ってしまう」雰囲気というのがそこにはあり、それは中年男性でも例外ではない。
この二日間を無事に乗り切ること自体が、今年の夏の一大ミッションだ。難易度はけっこう高めかもしれない。

それにしても、常日頃イベントの少ない生活をしているのに、たまにイベントがあると一時期に固まってしまうというのが我ながら不憫だ。
イベントの神様に、どうせならもうちょっと間隔を空けてくださいとお願いしたいところだが、そんな都合のいい神様がいるわけがない。

某人気女性アイドル・グループといえば。
昨年末のコンサートの時、開演までの暇つぶしにInstagramにアップした写真が、パリかどこかのブティックに「いいね」されてしまうという事件が起きたのだ。こちらに落ち度はないものの、なんだか申し訳ない気持ちになったことを覚えている。どこらへんがパリジャンのセンサーに反応したのかわからないが、シャツはユニクロ製だし、ピンク色主体なのはそれが応援しているメンバーのテーマ・カラーだからなのである。
おそらく、国境を越えた大きな勘違いが生じているのだろう。
ぜひ誤解を解きたかったのだが、そのための語学力がまったくなかったのが残念なところだ。

時計のベルトを替えて、ささやかに応援。#幕張メッセ #ももクリ #あーりん推し #あっシャツもだった #実は靴下も#timex