CITRON.

のん気で内気で移り気で。

ある日のこと。

名前をつけてやる。

村上春樹待望の新作長編が発売される……という出版界の大ニュースとはまったく関係なく、まったく関係のない作家のエッセイ集を読んでいる。「日本語で書かれています」という以外に共通項のなさそうな本で、たいそうくだらなく面白い。まあ、村上春樹のエッ…

価値のある金曜日のおでんと猫の運命。

いよいよ「プレミアム・フライデー」が今週末からはじまるらしい。 「月末金曜は、少し早めに仕事を終えて、ちょっと豊かな週末を楽しみませんか?」(公式サイトより)という日のことらしい。それが豊かなものになろうがなるまいが、休める時間が長くなるの…

禁断の黒メガネ。

ついに、いわゆる遠近両用メガネを買ってしまった。 今まで、主治医の言いつけ通り、見たい距離にあわせてメガネを替える、という生活をしていたのだが、これはやはり不便な事が多いのである。手元の資料を見ながらパソコンを操作する時に、資料用とパソコン…

ゴー、ゲームボーイズ!

もうけっこう長いこと、それこそ数年単位で行方がわからなくなっていたゲームボーイが、ついに発見された。この手の探し物ではよくあることかもしれないが、「おや、そこはとっくに探したハズ……」というところから、しれっと発見されたのだ。 発見されたのは…

熊とワイシャツと中年男性。

池袋にいる娘から、出てこれないかと連絡がある。 時間もまだはやいし、他に急いでやるべきこともなかったので、ノコノコと池袋へ向かう。そういえば、なぜ僕を呼びつけたのか、その理由を聞いていないことに電車の中で気づく。まあ、あの娘のことだから、た…

『ラ・ラ・ラ・ランド』を邦題に。

まさか二回続けて『ラ・ラ・ランド』のことを書くことになるとは思わなかった。もともと、それほど興味のある映画ではなかったのだ。 本当にどうでもいい話なのだが、このタイトルを見るたびに、無意識に『ラ・ラ・ラ・ランド』と読んでいたのである。 「ラ…

結ぶ言葉。つなぐ心。(タイトルは後から無理やり考えました)

『ラ・ラ・ランド』という映画の評判がいいらしい。 公式サイトによると、「アカデミー賞、史上最多タイ、14部門ノミネート」ということだ。 なんといっても、「アカデミー賞、史上最多タイ」である。 こうなるとどうしても気になるのが、「タイ」ってなんだ…

セルフサービス・バースデー。

ちょっとした用事があり、実家に帰る。 電車の中で、ケーキを買うことを思いつく。父の誕生日が近いのだ。 実家に向かう途中で立ち寄れそうなケーキ屋いくつか思い出し、母親に、ケーキを買っていく旨をLINEで伝える。両親と僕が食べるだけなので、ホールで…

僕が献血しない理由(しかも低レベル)。

まずは、職場のエレベーターホールに貼られている献血のポスターに対するちょっとした疑問について。 ポスターには、献血をした際にもらえる記念品についての記載があるのだが、それによると、「献血できた場合」と「献血できなかった場合」で、もらえる記念…

ほぼ実況生中継。

飲み会の帰り、それなりに酔っぱらった状態で僕は電車に乗っている。 それにしても、途中の駅で運良く座れて「こりゃラッキー」などと思った時に限って、かなり高い確率で前に立っている人が泥酔しているのはどういうことだろう。 もしかしたら、被害妄想気…

娯楽としての無知。

「テンパリング」という言葉があることを先日初めて知った。とあるウェブサイトを見ていたら、いきなり登場したのである。そのサイトを見に来るような人にとっては常識的な単語なのか、その意味についての説明はなかった。しかし僕にとっては未知の言葉であ…

ハッシャバイ。

僕はどうしてもそのボタンを押せずにいた。 液晶モニターに表示されているボタンをじっと見つめたまま、もう、1時間くらい経過しているのではないだろうか。 その間、じっと待ち続けていたホワイトが、静かにこう言った。 「そのボタンを押せば、私の記憶を…

オクトパス殺傷事件。

まさかタコさんウインナーがこんなに難しいとは思っていなかった。 反対に、楽勝だとも思ってはいなかった。というか、タコさんウインナーを作る難易度について、考えたことなどなかったのだ。 あまりうまい例えではないかもしれないが、いつも使っている電…

カレールーをめぐる情熱の日々(しかし低レベル)。

突然、夕食の準備を任されることになり、迷うことなくカレーを作ることにした。 近所のスーパーで買ってきたカレールーを使ったカレーである。こだわりや工夫など皆無の、マニュアル通りの製法だ。 ここでわざわざいうまでもないことかもしれないが、市販の…

一病息災負け惜しみ。

初詣で引いたおみくじの結果を見るときに、まず「健康運」を探してしまったり、その流れで「健康祈願」と書かれたお守りを買ってしまったりする自分に、「大人になったなあ」と思わずにはいられない年始であった。 別に大病を患っている訳ではないのだが、眼…

コタツのフジコちゃん。

この時期になって、家族の一人が「コタツが欲しい」と言い出した。 我が家にはコタツがないのである。 どうしてコタツがないのかというと、我が家には「コタツが嫌い」というメンバーがいるのだ。もうずいぶん前の話になるが、「今まで黙っていたが実はコタ…

ピンクとミドリ。

まさか、自分の人生の中で、ペンライトを買うことになるとは思わなかった。ペンライトとは、アイドルのコンサートなどで観客が手に持って振る、光る棒状のアレのことである。 今週末、娘が応援しているアイドル・グループのコンサートがあるのだ。 娘として…

世界は三段階。

先月末、常用するメガネをまた増やしてしまった。これで三つ目になる(ちなみにすべて度数は違う)。 自分の病気の事情でそうしているので誰に文句がいえるわけでもないのだが、それ以来、後頭部の頭痛と車酔いに似た不快感に悩まされている。新しいメガネを…

鼻もげ注意報発令。

東京では54年ぶりの降雪とのことで、寒くて鼻が取れそうです。 道端に落ちている鼻を見つけたら、それは僕のかもしれないので、無視したり踏んづけたりしないで、拾っておいて下さい。傷むといけないので、できたらジップロックとかに入れて、暖かくないとこ…

「し」は「シトロン」の「C」。

このブログのタイトルは「CITRON」という。 ちなみに読みは「シトロン」だ。柑橘系の果物の名前である。 本当は「ゆず」、もしくは、ゆずにちなんだ英単語にしたかったのだが、日本語でゆずといえばあの歌う二人組のイメージが強いし、英訳してもなんとなく…