CITRON.

のん気で内気で移り気で。

PTYS(パートタイム勇者)。

かくして、勇者の生まれ変わりこと「よでる」の冒険は始まったのであった。……正確には先週の土曜日から。

とはいえ、週末はたまたま用事があり、平日は(勇者であるにも関わらず)会社に行ったりしなくてはならないので、一日の平均勇者タイムは今のところだいたい一時間くらいだ。もう少し上手く時間をやりくりすれば勇者タイムを延ばすこともできるのだろうが、僕は一日のどこかで「口を半開きにして虚空を見つめたままぼんやりする」という時間をある程度確保しないと体調が悪くなるというやっかいな体質なのである。

よでるとしての僕は、とりあえず勇者云々はひとまず置いておくことにして、家屋への不法侵入や器物損壊、窃盗を繰り返して日々を生き延びている。自分でいうのもなんだがやっていることは空き巣と変わりない。

僕の右手には安っぽい剣が握られている。しかし盾は持ってないので、左手に装備されているのは鍋のフタだ。ついでにいうと、鎧の代わりに着ているのは「なりきんベスト」となっている。

こんな男が「僕、勇者の生まれ変わりなんです」などと言って大丈夫なのだろうか、と我ながら思う。
勇者らしいファッションというものがどういうものかよくはわからないが、「なりきんベスト」と鍋のフタのコーディネートでは、説得力に欠けるような気がするのだ。

不幸中の幸いというかなんというか、今のところ、鍋のフタを握った男が空き巣を働いても特に不審がられてはいないように思われる。まあ、「なりきんベスト」などというようなふざけた名前の服を着ているとはいえ、僕は剣を持っているのだ。もしかしたら、町の人々はかかわり合いなるのが怖くて見て見ぬふりをしているのかもしれない。

……身も心も悪に染まる前に、鍋のフタを投げ捨てて、なんとか勇者らしい活躍をしたいところだ。

と、ここまでが『ドラゴン・クエストXI』を始めました、という話になる。

実はこの他にも、「ぽてりん」という名前のじゃがいもとして、トマト姫を助ける冒険もしている。
最新ゲーム機器で遊ぶドラクエXIに対して、こちらは四半世紀前のゲームボーイ用ソフトだ。その名も『突撃 ばれいしょんず』。
コツコツと努力していればいつかは報われそうなドラクエXIに対して、こちらは「戦うってのはなあ、そんな甘いもんじゃねえんだよ!」というムードがゲーム全体から漂ってくる。
悪と戦う人生を選ぶことの厳しさというものを、ぼくは「ぽてりん」から教えてもらった。手のひらにかく汗の量と敵にやられた時の虚脱感はドラクエXIより確実に上だ。
主人公、じゃがいもなんですけどね。

かみさま。

かみさま。

僕は、地球にある小さな国で生きている人間です。

これといって取り柄のない人間ですが、毎日、まじめにコツコツと働いています。僕の思う限り、かみさまが「こら」というような悪いこともしていません。

……ごめんなさいかみさま。
少しだけ見栄をはってしまいました。
さっき、「まじめにコツコツと」と言いましたが、本当はそうでもありません。そうでありたいとは常々思ってはいるのですが、あまりうまくいかないことのほうが多いです。
仕事をしているふりをしながら実はテレビ・ゲームのことを考えていたりするし、ミニスカートの女の子を街で見かけたら、つい、どこからか強風が吹かないかなと思ってしまいます。
だけど、それほど害はない人間だと思っています。そりゃあ、人類のため地球のために役に立つ人間ではないかもしれませんが、かみさまの足を引っ張るようなことはしない人間ではあります。少なくとも僕自身はそう思ってます。

さて、かみさま。
実は、かみさまにお願いしたいことがあって、この文章を書いているのです。

お願いというのは、今週末の天気のことです。
我ら人類が拙い知恵を結集させて予測したところによると、今週末、僕の住む地方はあまり天気がよくないようです。まして、日曜のほうが雨の降る可能性が高いらしい。
これ、なんとかなりませんか。
かみさま相手にお話しするにはあまりにも小さなことではありますが、土曜日は、ももいろクローバーZのコンサート、日曜日はWorld Happinessという夏フェスがあり、僕はその両方に参加するのです。
土曜日のコンサートはスタジアム、夏フェスは野外で行われるので、天気が悪いと大変なことになります。空の下のライブは雨が降っても楽しい、という人もいるようですが、個人的にはそれほど楽しくないと思います。実は去年の夏フェスで体験したのですが、フェス自体はとてもよかったのだけれど雨に関してはどうにもいただけなかった。丈の短い100均のレインコートから容赦なく浸入してくる雨、汗と雨水でぬるぬるしてくる体、変調をきたす胃腸、ずぶ濡れのジーンズで乗る電車の後ろめたさ。ああ。

まして。
土曜のコンサートは娘のお供なので、最悪、天気が悪くなっても、そのアンラッキーを娘とシェアして笑い飛ばすことができるかもしれませんが、日曜のフェスはひとりなのです。
World Happinessは比較的ひとりでも参加しやすいフェスといわれてはいますが、雨の中でひとりぼっちというのはやはりとてもさみしそうです。そういう事態はなんとか避けたい。避けたいけれども天気のことは僕ごときではどうすることもできません。

ということでかみさま。
そこらへん、なんとかならんもんでしょうか。
今週末さえ天気が安定していれば、来週以降はお好きにしていただいて結構です。

雨を降らせるのであればダムの上で。もちろん量は適量で。

ため息、ドラクエ、ばらの花。

「ふぅ」

いつもクールな彼女のため息は予想以上に可愛らしく、僕は素直に「いいものを聞いた」と思ったのであった。彼女はいってみればクール・ビューティというやつで、必要以上のおしゃべりはしないし、表情の幅もそれほど広くはない。まあ、まだ2回しか会ったことのない人についての印象なんてあてにならないものだとは思う。
彼女は、自分の可愛いため息の理由について、特に解説はしなかった。
ただ、今日の彼女との会話、そもそも今日、会社を休んで僕が会いに行っている意味を考えれば、理由は自ずと透けて見えてくる。
つまり、診察した結果がイマイチだったのだろう。
僕の眼病の主治医であるところの彼女の提案で使用する目薬を変えてはや1か月。
経過確認ということで今日は病院に来ているのだ。

ため息の後、彼女が説明してくれた内容をざっくりまとめると、目の状態が前より悪くなっているということはなく、
「まあ、悪くはないんだけど、もうちょっといい数字が出ててもよかったのにな」
というくらいの残念感のようだ。

「まあ、まだ薬を変えたばかりですから」

というのが、今日の診察の結論らしい。
その他、

・結果としては現状維持というところだが、もうしばらく新しい目薬でいく。
・次回の検査は2か月後。
・強い薬なので、副作用として、目の充血は今までよりひどくなる可能性が高い。前回の診察でもそう説明したけど、一応、大事なことなので。

……というあたりが、今回の連絡事項となった。

薬の副作用による充血を、僕は個人的に「ウサギ化」と呼んでいる。僕の妄想の世界では、このまま副作用が進み、両目が完全に真っ赤になった後、身体中にモッフモフの白い毛が生え、顔側面にくっついている耳がぽとりと落ち、頭頂部から長い耳がにゅーっと伸びることになっている。つまり人間型のウサギになるわけだ。
完全ウサギ形態になってしまえば、使う言葉も当然ウサギ寄りになる。つまり、語尾に「ぴょん」が付くことになるだろう。
たとえば、全身がモッフモフの白い毛でおおわれて、メガネをかけてカバンを持った大ウサギが二足歩行で会社に現れたとする。彼がまず、こう言うのだ。

「おはようございまぴょん」

仕事中、上司に、

「あーキミキミ、この案件の作業管理表を作ってくれたまえ」

などと言われた時は、

「わかったでぴょん」

となるし、

「あーキミキミ、北朝鮮の首都はどこだったかな」

と問われれば即座に、

ピョンヤンぴょん」

と答える。
実に可愛い。
いや、可愛すぎる。ましてやこの可愛らしいウサギは僕なのである。
いよいよ、いわゆる「モテキ」が僕にもくるかもしれない。

夜、人と待ち合わせて花を買う。
何人かで小銭を出し合って花束を買うことになり、その代表として購入担当になった人と待ち合わせたのだ。購入担当が花を選んでいるところを後ろでニヤニヤ眺めたり、たまに助言を求められた時に「ガンガンいこうぜ」などと答えるのが僕の役目である。
花屋なんて、何か後ろめたいことがある時に切り花を2、3本買いに来るくらいで、滅多に訪れることはないのだが、花を見るのは楽しいものだ。花の種類など、桜とチューリップとヒマワリと薔薇とその他、くらいの認識しかできないのだが、名前がわからなくてもキレイだったり可愛いものは見れば楽しい。ララァ・スンも「美しいものが嫌いな人がいて?」と言っている。まったくその通りだ。

ところで。
購入担当が熱心に花を選んでいる時に、僕は他のものに気を取られていたのであった。
花屋の入っている駅ビル全体が、どうやら今週末発売の大人気ゲーム『ドラゴン・クエストXI』とコラボレーションしているようで、このビルで買い物をして、店員さんにリクエストすると、ゲーム内のキャラクターが描かれたカードがもらえるようなのだ。『ドラゴン・クエストXI』はプレイする予定なので、ちょっと気になるのである。

今日のこの花束でも、店員さんに言えばカードはもらえるはずなのだが、そのカードは、たとえば僕がもらってもいいものなのだろうか。花束の代金の一部しか出資していない僕が、おまけを独り占めするのも大人げないような気もするし、それ以前に、出資者の中でそのカードに興味がある人が僕以外にはいないような気もする。後で事情を説明したら、快く譲ってもらえるかもしれない。
まあ、僕にしたってそれほど強烈に欲しいわけでもなく、たとえカードをもらったとしても、数回ニコニコと眺めてそれっきりになってしまう確率も高い。しょせんはおまけなのだ。それほど立派なカードでもないだろう。ただ、ファンとしてはちょっと気になってしまうのだ。

それとも、花束を贈る相手に進呈すべきだろうか。そもそも、贈り物を買うことで得たおまけである。それはつまり、そのおまけもしかるべき相手に贈られるべき、ということを意味してはいないだろうか。
キレイな花束の真ん中に、キャッツ・カードのように突き刺さったドラクエのカード。
……購入担当に怒られそうな気がするし、もらった方も困惑するような気がする。

その後、何かの拍子にそのカードのことはすっかり忘れてしまい、再び思い出したのは帰りの電車の中なのであった。
それほど猛烈に欲しかったわけでもないが、自分のうっかりミスで手に入れそこねたと思うとなんとなく悔しい。
電車の中で、僕は小さく「しまったぴょん」と呟いたのであった。